催眠術(他者催眠術)について

T01-01s.jpg催眠術を学ぶことで、人の心の多様性を学ぶことができます。
催眠術にかかった体験をしたことがない人は、催眠術をかけられた人の行動や心の状態が、信じがたい現象に映ることでしょう。
テレビなどでやっているのはヤラセだよ、とうてい信じられないという印象を抱かれる方が多いと思います。催眠にかかりやすい人もいるかもしれませんが、みんながあんな風になるとは考えられないと思われる人も多いでしょう。
確かにヤラセ番組も存在することでしょう。でもすべてがそうではなく、催眠術下での多くの人たちの心の状態は、真実の反応なのです。
テレビなどで行っている催眠現象は、出演者みんなが同じことをしている場合もあるでしょうが、ほとんどは、違った状態に導かれています。それが、個人差であり、心の多様性である個人の催眠感受性に合った状態を、うまく誘導して導き出しているのです。
催眠術とは、不思議な魔法のような“術”ではなく、心の状態を踏まえ体系づけられた“技術”なのです。
私のところには、全国から、催眠術を習いに多くの方々が来られていますが、実際に参加して体験して、初めて催眠状態の現実に触れ、驚かれています。けっして、まやかしでも、ヤラセでも、特殊な異常心理状態でもないのです。このように誘導すると人はこうなるといった、心の原理に沿った出来事なのです。
催眠術を学びに来ている人達は、ショーマンになるためではなく、真摯に人の心の研究をしに来ている人がほとんどです。
催眠術をマスターするために書かれた本はたくさんありますが、それを読むことのみでマスターすることは、生まれつきの適性があったとしても、不可能といえるでしょう。もし可能な人がいたとすれば、実際に練習できる最適な複数の練習相手に、幸運にも恵まれた人でしょう。
なぜなら、書籍だけでは、現実に催眠現象を体験できないからです。実際にいろんな人に実践しながら、心の多様性や多彩な催眠現象に触れて、初めて実感し、学べるものです。
催眠理論は心の原理であるだけに、体験を通じて、体感することでのみ実用可能な技術として、身についていくものです。
「催眠をかける人と催眠にかけられる人との間に信頼関係がなければ、催眠はかかりにくい」と一般的には言われていますが、催眠をかけるための要素として、信頼関係(ラポール)など必要がない場合もあります。
一般的にショー的にテレビなどで催眠術をかけている場合、しかも瞬間にかけていく場合などは、やらせの場合は論外ですが、そうでない場合は、信頼関係(ラポール)を作る時間もないので、相手のなかに持っている催眠というイメージ(観念)に沿って、催眠にかかったらこんなふうになるんだろうという勝手な思い込みで、一種の不安や恐怖を与え、催眠にかかってしまうかもしれないと思わせるような雰囲気を漂わせる(威光暗示)方法が、催眠を成功させるのに楽なのです。
一般的な番組作りは前もって準備として、番組収録前に予備催眠を行い、相手を催眠にかかりやすくしておく場合かほとんどです。その予備催眠のなかで、ラポールを作るというわけです。
しかしながら、私がTVで催眠術を披露する場合は、けっして予備催眠などを行うようなことはしません。本当に相手との真剣勝負で、今まで出演してきました。ハッタリで言っているわけではありません。証人はいくらでもいます。そんなことより何を言いたいかというと、催眠をよく知らない一般の視聴者は、私のやっている本物の催眠現象と、別の人がやっている、ヤラセの現象の区別がつかないだろうということです。それだけ番組の中にヤラセの部分も多く混じっていることもあります。催眠を本当に使いこなせる人でないと、真偽を見分けるのは無理でしょう。それゆえに、催眠療法をおこなっている療法家の中には、TV等でショーの催眠を披露することを嫌っていたり、あれは催眠ではないとでも言わんばかりに否定されたり、自分たちの催眠は、科学的で学問としての催眠だなどと、お怒りの方が多くいらっしゃいます。そういった気持ちもわかります。
しかし、そのような批判があったとしても、私は依頼を受ければTVだろうが、舞台だろうが、講演会場だろうが、どこでも催眠術を披露します。
なぜなら、催眠術を使いこなせて初めて、心の世界をマスターしているといえるのです。
催眠術を否定される方は、催眠術ができない方であり、できたとしても幼稚なテクニックしか、マスターできなかった方でしょう。催眠術を理解して使いこなせるということは、催眠療法において手法として使うことがなくても、心を導くために必要なことなのです。なぜなら、心の原理としての根本理論は同じだからです。催眠療法を行う時にも、催眠術の本質の世界の活用が、素晴らしく役に立つという事実を見逃されているのが残念です。

firststar_abel_big.jpg