MSmark&logo m.png

01

感謝のお便り 全22ページ

感謝のお便り目次ページ.psd感謝のお便り目次ページ.psd

※効果には個人差があります。同じ効果をお約束するものではありません。

1.psd
2.psd
3.psd
3.psd
5.psd

不登校を乗り越えて、母親からのお便り。
拝啓 一雨ごとに暖かくなりましたが、お変わりございませんか。
 井手無動先生、ご無沙汰しております。
先生に娘のその後のご報告と、お礼を申し上げたくお手紙を書かせていただきました。
 早いもので、娘が元気に毎日登校するようになって約5ヶ月以上が過ぎました。
 井手先生から最初に、2週間ぐらいで登校できるようにしてみますと伺ったときにはまさかそんなに早くと正直最初は半信半疑でした。でも、井手先生の仰る通り治療を始めて2週間ほどで娘が登校できるようになり、本当に信じられない気持ちでした。その後も娘の心を支えていただき、最後のスカイプでの面接では、娘が元気に「もう大丈夫」と、先生とお約束したところかと思います。
 私達家族を救って下さり、本当にありがとうございます。感謝の気持ちでいっぱいです。
 これも、娘を心配してマインド・サイエンスの事を紹介してくれた友人と、井手先生の娘のトラウマへのご理解と、催眠療法のおかげです。
 久しぶりの登校の日、私は内心、もしかしたら学校に着く前に戻ってきてしまうかも・・・と不安になりながら、それでも娘が「学校に行く」と思えただけでも進歩だと自分に言い聞かせておりました。
ところが、娘はなかなか帰ってきませんし、心配になって昼過ぎに学校に電話してみると、担任の先生から「ちゃんと遅刻せずに学校に来て、授業も受けている、休み時間もクラスの友達と話したり笑ったりしている。私も長い事教師をしているが、最初から休みがちな上に1ヶ月近く休んだ生徒が戻ってきて、初日からこれだけすんなりとクラスに溶け込めるのは珍しい事だ。何があったのか私からもお母さんに伺いたいと思っていた所だ・・・」と言って頂けました。
 その後、担任の先生とのやり取りのご報告ですが、中学生の頃から友人関係もうまく行かず、勉強も落ちこぼれ気味、学校を休みがちで、高校にもやっとの事でぎりぎり進級できた・・・という事は入学して最初に面談でお話しておりましたので、夏休み明けに学校に来なくなった時は、ああ、やっぱりか・・・と思われていたそうです。それで、娘の事も気にはなりながらも何もできずに申し訳ないと謝られ、何か学校に来られるようになったきっかけがあったのかと聞かれましたので、井手先生の事をお話しました。
 私も口下手なもので、催眠療法の事をきちんとお伝えする自信がなかったものですから、井手先生の著書をお貸しして読んで頂きました。担任の先生も何度も繰り返し本を読んで頂けたようで、不登校になってしまった生徒の気持ちや状態を理解する手助けになりましたと言って頂き、井手先生へお礼をお伝え下さいと言われております。

 私の心配をよそに、娘は毎日きちんと登校しておりますし、週末には友達から誘われてダンスを習い始めました。時々部屋で、井手先生に作っていただいた催眠暗示CDを聞いたりもしているようですが、それで落ち着いているようです。
 あれから初めての長い休みになる冬休み明けにも、私達の心配をよそに、寒い寒いと文句を言いつつも元気に登校して行きましたし、バレンタインデーには友達とチョコの交換をすると言って、台所でクッキーを作ったり(主人と私にも「失敗作だから」と言いながらも、可愛くラッピングしたクッキーをくれました。主人と二人で泣きながら食べました)テスト勉強を一緒にすると言って友達が家に来たり・・毎日が充実して新しい事にも興味が出て、16歳らしいいきいきとした姿に、私も主人もあの時に井手先生にご相談して良かったと、心から感謝しております。
 学校の成績も何とか・・・無事に2年生に進級できる事になりました。
 一度挫折してしまうとなかなか立ち直るのは簡単なことではないです。娘の人生がどんどん悪い方向へ向かっていってしまうのではないかと深く悩みました。こんなことも考えました。高校も通えない、就職もできない、人間関係を築くこともできない、友達も離れてしまう、結婚もできないかもしれない、引きこもりやニートになってしまったら、この先面倒を見ていけるのか・・・悪い想像は膨らむばかりでした。
 かといって、親としては最近のいじめや自殺のニュースを聞き続けていると、無理に学校に行けとも言えませんし、どうすればいいのか、何が正解なのかも分からず、目の前が真っ暗でした。娘の将来の事を思うと早く何とかしたいと思う一方で、誰にも相談が出来ず、カウンセリングを受ける事も地元だと知り合いがいるかもしれない、と周りの目が気になり、抵抗がありました。
 先生もおっしゃっていましたが、私に対しても本心を語るのを恥ずかしがる年頃の娘にとって、スカイプだったから素直に気持ちを言葉にできて良かったねと娘とも話しておりました。
 井手先生に背中を押して頂きましたので、これからは主人と一緒に娘を支えていきたいと思っています。
 長くなってしまいましたが、短期間でこんなにも人生は変わるのだという喜びをお伝えせずにはいられませんでした。
うまく言葉にできませんが、先生の治療を受けて道が開けたことは間違いありません。
 最後に、先生の今後の益々のご活躍と健康を、心よりお祈りいたします。
 本当にありがとうございました。

敬具